抗ガン剤治療における副作用に対してのセルフお灸治療

がんについて

 

がん細胞は異常で、分裂をいつまでも続け、無秩序に どんどん増え続けます。

がんは、遺伝子に傷がついて起こる病気であり、何らかの原因で遺伝子に傷がついて

細胞の増殖をコントロールでき なくなると、細胞は無秩序に増え続けるようになります。

がん組織はどんどん増殖しているので、他の正常な組織のための栄養をどんどん奪ってしまい

体は必要な栄養がとれず、 衰弱してしまいます

がん治療では、がんの種類や大きさ、部位などによって

手術、杭がん剤、放射線などを単独で、 もしくは組み合わせて行うようです。

 

抗がん剤治療の目的

 

・がんを治癒させるため

・がんの転移を防ぐため

・再発防止

・がんの成長を遅らせるためなど

 

抗がん剤の副作用

投与日 アレルギー反応、吐き気・嘔吐(おうと)、血管痛、発熱、血圧低下
2~7日 疲れやすい、だるい、食欲不振、吐き気・嘔吐、下痢
7~14日 口内炎、下痢、食欲不振、胃もたれ、骨髄機能の抑制(白血球減少・血小板減少)
14~28日 脱毛、皮膚の角化やしみ、手足のしびれ、膀胱炎、骨髄機能の抑制(貧血)

 

抗がん剤治療 副作用 NenRinG*あべ鍼灸院*

参照:https://ganjoho.jp/public/dia_tre/attention/chemotherapy/about_chemotherapy.html

 

抗がん剤は、がん細胞に作用する薬です。

正常な細胞でも、分裂速度の速い血液細胞や口腔(こうくう)粘膜、胃腸粘膜、毛根の細胞などは、

抗がん剤の作用の影響を受けやすい。

感染しやすくなったり(白血球減少による)

貧血・出血・吐き気・口内炎・下痢・味覚の変化・脱毛・皮膚の障害・爪の変化などの症状が

副作用として現れます。

心臓、腎臓、膀胱(ぼうこう)、肺や神経組織の細胞が影響を受けることや

生殖機能に影響がおよぶこともあるようです。

 

副作用別のお灸(セルフ)

宅でのお灸のやり方

 

①症状別のツボを選び、水性ペンなどでマークします。

 

 

②簡易灸に火をつけます。

 

 

火を使わないタイプや煙の出ないタイプなども売られています。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

せんねん灸の奇跡/レギュラー50点入
価格:1518円(税込、送料別) (2020/1/29時点)

 

 

 

③火をつけた後にマークを付けた場所に置く

簡易灸 NenRinG*あべ鍼灸院*

 

以上です。

 

◇吐き気・嘔吐

 

命門:おへその反対側で背骨の上

もしくは背骨から小指は幅分横(沢田流)

 

命門、NenRinG*あべ鍼灸院*

 

その他:腹式呼吸(息を吸うときにお腹を膨らませ、息を吐くときにお腹をへこませる呼吸)

 

続きは、次回書かせていただきます。

 

お問い合わせ

 

 

 

Follow me!