東洋医学での心包と三焦の捉え方

東洋医学での「心包」と「三焦」の捉え方

東洋医学では

「心包」「三焦」は表裏の関係にあり、形がなく、働きだけある臓器です。

正常な「心包」

①気血を巡らせて全身の働きを統括する後天(生まれた後に備わったもの)の原気のです。心, 城, 愛, 南京錠, フェンス, 愛城, 愛のシンボル, 友情

②心の護衛をしています。

③体内外で受けた刺激を心に伝え、心の変化をキャッチして外部に伝えます。

④脳や中枢神経と深い関係にあります。

正常な「三焦」

①三焦は、上焦・中焦・下焦の三つに分かれます。蛇口, 噴水, 水のディスペンサー, 運河, 水噴水, 水を飲む, 手洗器, 水, クール

②「陽池」というツボに三焦の流れを円滑に巡らせる働きがあります。

③水液の通り道を疎通させます。

④いろいろな気を運びます。

⑤体温を調整します。

 

「心包」「三焦」が弱ると・・・

①「心包」の機能が減退すると、歯を食いしばった状態が出現します。

②上焦は、横隔膜より上方の機能で、胸部(心、肺)を指し、気の海といわれています。

飲食物からつくられた気を肺の機能(宣発・粛降作用)と心の機能(推動作用)で全身に巡らせて、皮膚を潤し、体毛に栄養を与え、発汗などの体温調整を行います。

精神不安や音声障害などの症状が・・・

③中焦は、横隔膜からへそまでの機能で、上腹部(脾・胃)を指し、水穀の海といわれています。

飲食物を胃の消化機能(受納・腐熟)によって消化し、津液の生成を行い、脾の運化作用によって肺に運び、血と精液を全身に巡らせる役割があります。

下痢や腸鳴、腹部膨満などの症状が・・・

④下焦は、へそから下の機能で、下腹部(肝・腎・膀胱・腸)を指します。

水液の清濁、大小便の排泄が行われ、不必要な水液は膀胱に運ばれます。すべての過程は腎の気化作用によって調整されてます。

水様下痢・遺尿・便秘・血便などの症状が・・・

 

このような症状がみられる方、もしかしたら「心包」「三焦」が弱っているのかも!

Follow me!

前の記事

東洋医学 心と小腸の働き