食べ物からつくられるもの(美と健康)

7:3の割合

化粧品いいの使ってるのに、食べ物きを使ってるのに

肌がきれいにならない。

そんな方いませんか?

きれいな肌になるには7:3の法則があります。

それは体内ケア=:体外ケア= の法則があります。

今回は体内ケアについて書いていきます。

100歳世代

少し、話が変わるかもしれませんが

もうすぐ100歳世代と言われています。

平均寿命が延びている中

健康寿命(元気に活動していられる時間)は変わりません。

健康寿命はだいたい71歳くらいといわれています。

100歳まであと30年間、ベットや病院などで時間を使わず残り

元気に健康的・きれいにいたいと思いませんか?

そんなあなたに伝えます。

体質とは?

体質とはなんでしょうか?

体質とは 先天的なもの(生まれ持ってそなわったもの)

ではないでしょうか?

では、体の質は?

体の質とは 後天的なもの(生まれた後にそなわったもの)

体をつくるのは細胞です。

人間には60兆個の細胞があります。

車や飛行機など故障したとき危険信号など赤いランプがひかったりしてつきませんか?

人間で例えると、頭痛や吐き気、できもの、その他たくさんの症状と言われるもの

がその信号ではないでしょうか?

では細胞に栄養を与えているのは血液です。

血液は、骨髄でつくられますが、口から入れた食べ物から栄養を

胃腸などで吸収して送られていきます。

ということは食べ物

つまり

栄養の質が大事という事です。

栄養の質

コンビニのお弁当やマク○ナル○のハンバーガーなど捨てて長い時間置いといても

腐らないという話を聞いたことや実体験などあるのではないですか?

そこには、添加物(防腐剤など)がたくさん含まれています。

また、たばこを吸う人の血液は酸化されています。癌ののもとですね。

食生活が偏った人など、中性脂肪が血液にいっぱいついてます。心筋梗塞や脳梗塞の危険ですね。

DHAやEPAは魚などに多く含まれ、中性脂肪を抑え、炎症などにいいとされています。

DHAはカツオやマグロ

EPAはイワシやサバ

これは刺身で食べるのが一番です。

焼いてしまうと脂がとんでしまいますね。

今の食べ物の栄養価は、昔に比べて低くなっています。

これは、昔と同じ栄養価を摂ろうと思ったら、食事の量を増やさないといけないですね。

しかも、今は農薬で汚染されていることが多いですよね。

僕は田舎育ちなので、今日のご飯作るのに下の畑から野菜など取ってきてと親に言われて

キュウリや大根など不細工な形をしたものをよく取りに行っていました。

スーパーでは形が整ったきれいな野菜がいっぱいですね。

バランスの良い食事

バランスの良い食事は

たんぱく質、脂肪、糖、ビタミン、ミネラル、食物繊維、酵素などをとることです。

特に日本人は糖の取りすぎが多いのではないでしょうか。

この樽のようにバランスが偏ると栄養があふれ出ていってしまいます。

バランスよくとることで体内にいきわたってくれるのです。

そうすることによって、体の中から健康にそしてきれいになって元気に過ごせるのではないでしょうか?

ですが、こんな食事毎日できない!!

そうですよね。

そんな方に、今はサプリなどおススメします。

サプリにも信用できるものそうでないものがあると思いますし

分からないというかとも多いと思います。

そんな時は、お問い合わせください。Cannot get other user media. API shut down by Instagram. Sorry. Display only your media.

 

Follow me!

前の記事

目の疲れ

次の記事

東洋医学 心と小腸の働き